二条城

二条城

1603年、徳川初代将軍家康が京都御所の守護と将軍上洛の宿所として築城。
徳川家が権力の証として贅を尽くした二条城には、彫刻や飾金具、狩野派による障壁画など見事な装飾美術が歴史が移り変わっても健在しています。
御殿などの貴重な遺構をはじめ、四季折々の美しい庭園を散策出来ます。

名称 二条城
アクセス ・「烏丸御池」駅から地下鉄東西線で「二条城前」駅まで約1分
 →「二条城前」駅から徒歩すぐ
住所 京都府京都市中京区二条城町541
ホームページ http://www2.city.kyoto.lg.jp/bunshi/nijojo/
スタッフ情報

前の大きな通りは堀川通りです。その通りを北に歩けば堀川商店街があり、掘り出し物が見つかるかもしれません!!
その先を行けば晴明神社があります。

二条城

二条城

二条城

二条城

二条城の桜

城内では3月下旬か4月中旬にかけて、約400本、50品種の桜が咲き誇ります。
夜には200本を超える桜や庭園のライトアップが行われ、幽玄の世界が広がります。