銀閣寺

銀閣寺

きらびやかな金閣寺とは対照に簡素な美しさの銀閣寺。
正式名称は東山慈照寺で、室町幕府8代将軍の足利義政が築きました。
観音殿(銀閣)の建物は西芳寺や金閣寺の舎利殿を参考にしたもので、その簡素な美しさは東山文化の象徴です。

名称 銀閣寺
アクセス ・「烏丸御池」駅から地下鉄烏丸線で「今出川」駅まで約3分
 →「烏丸今出川」バス停から京都市営バスで「銀閣寺道」まで約15分
 →「銀閣寺道」バス停から徒歩約8分
住所 京都府京都市左京区銀閣寺町2
ホームページ http://www.shokoku-ji.jp/g_about.html
スタッフ情報

哲学の道を歩いて南禅寺へ。
「日の出うどん」のカレーうどんがおすすめです‼

銀閣寺

銀閣寺

銀閣寺

銀閣寺

銀閣寺

銀閣寺

哲学の道

永観堂付近の若王子神社辺りから銀閣寺まで、東山山麓の琵琶湖疏水に沿って続く約1.5kmの散歩道。
京都の哲学者である西田幾多郎らが散策したことからこの名が付きました。
日本の道百選にも選ばれています。

春には約500本のソメイヨシノが咲き乱れ、美しい桜のトンネルが出来上がります。
4月上旬が見頃となっており、桜のシーズンには多くの観光客が訪れます。

哲学の道

哲学の道

哲学の道

哲学の道

哲学の道

哲学の道